E-Cell Workshop 2014 Spring

banner

 

開催日時

2014年3月10日(月) 13:00〜 (12:30 受付開始)

場所

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)
τ11(タウ11)教室

プログラム

12:30 開場,レジストレーション

13:00~13:10 開会挨拶 高橋恒一(理化学研究所)

13:20~14:00 ゲスト講演1(講演30分,質疑10分)
座長:内藤泰宏(慶應義塾大学)

  1. 森 浩禎(奈良先端科学技術大学院大学)
    大腸菌網羅的解析の現状と今後
  2. 福田 真嗣、佐野ひとみ(慶應義塾大学)
    マウス腸内環境をモデルとした宿主-微生物間相互作用のシミュレーション

14:40~15:00 コーヒーブレイク・ポスター展示

15:00~16:20 セッション1(発表12分,議論4分)
座長:佐野ひとみ(慶應義塾大学)

  1. 下 英恵(慶應義塾大学)
    ヒト赤血球バンド3膜タンパク質の凝集機構のシミュレーション解析
  2. 新土 優樹(慶應義塾大学)
    生細胞蛍光イメージングによるERK signalingの研究
  3. 眞流 玄武(慶應義塾大学)
    WeBBs: webブラウザを用いた細胞シミュレーション環境の開発
  4. 山田 一翔(慶應義塾大学)
    肝アンモニア代謝の代謝区域化はなぜ存在するのか? シミュレーションを用いた進化の考察
  5. 小川 雪乃(筑波大学)
    Modeling of Adenosine Metabolism as a Neuron-Astrocyte Communication

16:20~16:40 コーヒーブレイク・ポスター展示

16:50~17:40 セッション2(発表20分,議論10分)
座長:内藤泰宏(慶應義塾大学)

  1. 海津 一成(理化学研究所)
    1分子粒度シミュレーション統合プラットフォームE-Cell System version 4の紹介
  2. 渡部 匡己(理化学研究所)
    生物画像シミュレータの開発

17:40~18:20 ゲスト講演2(講演30分,質疑10分)
座長:高橋恒一(理化学研究所)

  1. 古澤 力(理化学研究所)
    実験室進化を用いた大腸菌の適応進化ダイナミクス解析

18:20~ 閉会挨拶 冨田 勝(慶應義塾大学)

19:00〜 懇親会・ポスターセッション

ポスターセッション

  • Yin-Fai Chin(理化学研究所)Development of a cell morphodynamics simulator at the molecular resolution
  • 岩本 一成(理化学研究所)細胞環境下における上皮成長因子信号伝達経路のシミュレーション
  • 神野 祥子(慶應義塾大学)Simulation of gender differences in electrical activity of ventricular myocytes
  • 眞流 玄武(慶應義塾大学)WeBBs 〜 Webブラウザを用いたシミュレーション環境の開発〜
  • 森 秀人(慶應義塾大学)Python script for periodic analysis in cell simulation
  • 佐々木 啓太(慶應義塾大学)Investigation and study plan aiming at cell-wide metabolic construction of Escherichia coli to elucidate drug-resistant mechanism
  • Satya N. V. Arjunan(理化学研究所)Detailed simulations of kinesin-microtubule dynamics during neuronal polarization
  • 田中 雄一郎(慶應義塾大学)Effect of the aged myocardial cells: a simulation study
  • 土岐 珠未(慶應義塾大学)コンピュータシミュレーションによる心室筋細胞の胎生・成体期におけるエネルギー産生機構の探求
  • 脇田 舞子(慶應義塾大学)Considerations of embryonic lethal for myocardium that results in over expression of ATP sensitive potassium channels in the early embryonic stage
  • 渡部 匡己(理化学研究所)Bioimage simulation for fluorescence microscopy
  • 山田 一翔(慶應義塾大学)肝アンモニア代謝の代謝区域化はなぜ存在するのか? シミュレーションを用いた進化の考察

参加者

  • Satya Arjunan(理研)
  • Chin Yin Fai(理研、U. Malaya)
  • 石黒 宗(慶大)
  • 井上 健太郎(理研)
  • 岩本 一成(理研)
  • 小川 雪乃(筑大)
  • 海津 一成(理研)
  • 坂本 裕紀(東工大)
  • 櫻田剛史
  • 佐々木 啓太(慶大)
  • 佐野 ひとみ(慶大)
  • 下 英恵(理研、慶大)
  • 新土 優樹(理研、慶大)
  • 神野 祥子(慶大)
  • 高橋 恒一(理研)
  • 瀧口 真央(成蹊大)
  • 田中 雄一郎(慶大)
  • 土岐 珠未(慶大)
  • 富田 篤弘(東大)
  • 冨田 勝(慶大)
  • 内藤 泰宏(慶大)
  • 西田 孝三(理研)
  • 福田 真嗣(慶大)
  • 古澤 力(理研)
  • 眞流 玄武(慶大)
  • 森 秀人(慶大)
  • 森 浩禎(奈良先端大)
  • 山田 一翔(慶大)
  • 脇田 舞子(慶大)
  • 渡部 匡己(理研)
広告